【中京スポーツ杯】(中京11R)~アナザープラネットが久々ながら逃げ切り勝ち

     

中京11Rの中京スポーツ杯(4歳以上1000万下・芝1600m)は7番人気アナザープラネット(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。クビ差の2着に5番人気ダブルシャープ、さらにハナ差の3着に2番人気サウンドキアラが入った。

アナザープラネットは栗東・安達昭夫厩舎の6歳牡馬で、父ワークフォース、母ダイヤモンドピサ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アナザープラネット(吉田隼人騎手)
「行くつもりはなかったのですが、一歩目を出てくれて、内枠有利な馬場でしたから(行きました)。スローに落とすことが出来ましたし、直線は手応え十分で向くことが出来ました。上がり(の時計)も良かったですね。直線は向かい風の中、頑張ってくれました。最後までしっかり伸びています」

2着 ダブルシャープ(柴山雄一騎手)
「向正面でペースも落ち着いていましたから、力んだ部分もありましたが、3コーナーでは落ち着いてくれて良かったです。直線は左にモタれながらもジワジワ伸びました。結果、いい競馬になって良かったです」

3着 サウンドキアラ(武豊騎手)
「いい形になりました。折り合いもしっかりつきましたが、ラスト(の脚)がもうひとつでした。もう少し良い反応を見せてくれるかと思ったのですが......。それにしても惜しい競馬で・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース