【春菜賞】(東京9R)~ココフィーユが直線半ばで抜け出し押し切る

     

東京9Rの春菜賞(3歳500万下・牝馬・芝1400m)は2番人気ココフィーユ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9(良)。半馬身差の2着に3番人気チビラーサン、さらにクビ差の3着に1番人気スイープセレリタスが入った。

ココフィーユは美浦・斎藤誠厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母ブルーミングスノー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ココフィーユ(岩田康誠騎手)
「強い相手と戦ってきましたからね。新馬戦に乗った時よりずいぶん良くなっていましたし、落ち着きもありました。強い内容でした」

3着 スイープセレリタス(C.ルメール騎手)
「良い競馬でした。1400mが初めてということもあって、最初はペースに戸惑っていましたが、ラスト200mはいい脚を使ってくれました」

4着 ロカマドール(三浦皇成騎手)
「前走は気分良く行って甘くなってしまったので、今日は前に壁を作って我慢させました。いい脚を使ってくれましたし、良い内容でした」

5着 レノーア(石川裕紀人騎手)
「前走はバタバタになってしまったので、思い切って後方でタメる競馬をしました。ラストも脚を使ってくれています」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース