【メイクデビュー】(京都4R)~キンノマサカリが好位追走から4馬身差をつけ快勝

     

京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は2番人気キンノマサカリ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒0(重)。4馬身差の2着に3番人気テイエムゴールデン、さらに5馬身差の3着に6番人気リトルクレバーが入った。

キンノマサカリは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牡馬で、父メイショウサムソン、母クロンヌドール(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 キンノマサカリ(和田竜二騎手)
「良い馬です。速い時計が出ていたので、普通に競馬をしようと思っていました。外に張り加減な所はありましたが、直線では余裕がありました。力が違いました」

2着 テイエムゴールデン(国分恭介騎手)
「攻め馬では左に張る面を見せていました。1コーナーから膨れる所がありましたが、その後はスムーズでした。良い物を持っているので、競馬を覚えていけばと思います」

3着 リトルクレバ―(斎藤新騎手)
「ゲートの中で鳴くなど、子供っぽさがありました。初戦で馬群を経験できて、狭い所から3着に来てくれました。経験を積めばもっと良くなると思います」

7着 キッズアガチャー(高倉稜騎手)
「ゲートは練習から物足りない所がありました。競馬では出てくれるかなと思いましたが、出がイマイチで、砂も嫌がっていました。外目で促しながらのロスの多い競馬でし・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース