【メイクデビュー】(京都5R)~早め先頭に立ったケヴィンがデビュー勝ち

     

京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は2番人気ケヴィン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒6(稍重)。2馬身半差の2着に1番人気フライライクバード、さらに7馬身差の3着に13番人気ウォーターラーテルが入った。

ケヴィンは栗東・長谷川浩大厩舎の2歳牡馬で、父キズナ、母トレラピッド(母の父Anabaa Blue)。

~レース後のコメント~
1着 ケヴィン(浜中俊騎手)
「調教でもよく動いていたので、競馬でも期待していました。良い結果が出て良かったです。ただ調教から口向きが若い所がありますので、そこが課題です。その点を修正できればもっとレースをしやすくなると思います」

(長谷川浩大調教師)
「調教から追ってからの動きが良く、その点が実戦に繋がりました。初戦から結果が出て良かったです。まだ幼さを出して、道中ハミを噛んだりする所がありますが、伸びしろがありそうなので、期待です。次走は様子を見て、オーナーと相談です」

2着 フライライクバード(藤岡康太騎手)
「良い位置を取って、道中はスムーズに運べましたが、内枠もあってか重い馬場が堪えたようでした。ただこれから良くなってきそうです」

5着 ハンメルフェスト(小牧太騎手)
「1回使って良くなってきそうです。芝の走りが思った以上に良かったですね」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース