【天皇賞・秋】1番人気アーモンドアイ圧勝!GI6勝目

     

 令和元年の天皇賞はG1ホース10頭を含む16頭によって争われ、断然の1番人気に支持されたアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、父ロードカナロア)が直線で内から一気に抜け出し、3馬身差をつけてG1・6勝目を挙げた。馬上でクリストフ・ルメール騎手は力強くガッツポーズ。勝ち時計は1分56秒2で、コースレコードに0秒1差だった。

 3番人気のダノンプレミアム(川田将雅騎手)が2着。6番人気のアエロリット(戸崎圭太騎手)が3着に粘った。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000125-sph-horse
30