「ベストターンドアウト賞」~サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞

     

本日、天皇賞(秋)(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"最もよく躾けられ、最も美しく手入れされた出走馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞した。

【受賞者】
サートゥルナーリア 滝川清史調教助手(角居勝彦厩舎)

【審査委員】
尾形充弘氏(元JRA調教師)
本村凌二氏(東京大学名誉教授、博士(文学)、2001年度JRA賞馬事文化賞受賞)

【審査基準】
I.躾(しつけ)
 1.リーダーシップ
 2.引き馬の技術
 3.馬具の適切な使用

II.美観
 1.馬の自然な美しさ
 2.馬体の手入れ
 3.人馬の装い

滝川清史調教助手のコメント
「今回の受賞は非常に光栄です。誰でも取扱いができる馬になるよう躾けるのが厩舎の方針であり、それが今回の受賞につながったと思います。ありがとうございました」

(JRA発表による)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース