【ファンタジーS】美浦レポート~ケープコッド

     

 11月2日(土)に京都競馬場で行われる第24回ファンタジーステークス(GIII)に出走予定のケープコッド(牝2歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)について、追い切り後の高柳瑞樹調教師のコメントは以下の通り。

「前走(すずらん賞)は内枠だったのでやむを得ず前に行きましたが、本当は控えて(競馬を)教えたかったレースでした。厩舎に戻ってきてからは、北海道で使った後の疲労回復に手間取って、今も若干調整が遅れている感じです。

 (今朝の追い切りは)無理矢理今週に合わせるという追い切りではなくて、今持っているものを出せれば良いですし、輸送もあるので一杯には追わず、気分良く走れるように追い切りました。今週は坂路が重たかったのですが、その割には力強く走れていたと思います。2歳の夏から秋で少しパワーアップした感じですが、そんなに大きく変わってはいないですね。

 (初の1400mに関しては)1200mに3回使ったので、距離延長は課題になってくるでしょう。その先も見据えてのレースが出来ればと思います。結果が出てくれるのが一番ですが、将来を見据えて内容のあるレースが出来れば、次につながってきてくれると思います」

(取材:大関隼)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース