【メイクデビュー】(中京5R)~ボランテレオが2番手から押し切る

     

中京5Rのメイクデビュー中京(ダート1400m)は6番人気ボランテレオ(難波剛健騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒3(稍重)。ハナ差の2着に7番人気タイセイガニアン、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気リードザヴァンが入った。

ボランテレオは栗東・森田直行厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母プラウドビューティー(母の父Danehill)。

~レース後のコメント~
1着 ボランテレオ(難波剛健騎手)
「まだ緩さは残ります。調教で雰囲気は掴んでいました。スタートしての芝は上滑りする感じでしたが、ダートに入ってからはしっかりグリップして走っていました。コーナーワークや手前の関係でまだぎこちない所はありますが、その分伸びしろがありそうです」

3着 リードザヴァン(岩崎翼騎手)
「大人しく乗りやすい馬です。馬込みも砂を被るのも問題ありません。ですから、ハナにこだわらずレースを運べました。ラストも苦しい所からもう一伸びしたように、初戦から収穫の多いレースでした。折り合いを欠くところが無いので距離は延びても大丈夫そうです」

4着 ミスターホウジュ(木幡育也騎手)
「道中は流れに乗れず、リズムが良くありませんでした。仕掛けどころで(前が)壁になってしまいましたので、もう少し前の位置につけたら違っていたかもしれません。でも乗り込んで良くなってきそうです」<・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース