【東京新聞杯】(東京)~インディチャンプが3連勝で重賞初制覇

     

東京11Rの東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は1番人気インディチャンプ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒9(良)。半馬身差の2着に6番人気レッドオルガ、さらにアタマ差の3着に4番人気サトノアレスが入った。

インディチャンプは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母ウィルパワー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は8戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「スタートはいつも上手なのですが、ゲートの中でじっとしていない馬なので、今日はゲートのタイミングが悪く、出遅れる形になりました。それでも、その後のリカバリーはうまくいって、道中は脚が溜まっていて、直線で前の馬をどうさばくかという手応えでした。早めに先頭に立つと遊ぶ所があり、それが課題です。この相手でも思ったより早く先頭に立ってしまい、やはり遊んでいました。そんな課題のある中で勝ったのは収穫です。まだ伸びしろがあります。GIで期待していた馬ですが、その期待が確信に変わるレースでした」

(音無秀孝調教師)
「出遅れは考えていませんでした。追い上げるのに脚を使ったのでどうかと思いましたが、早めに抜け出しすぎて心配しました。直前の調教をビシッとやっておいたのも良かったのでしょう。まだゲートなど課題はありますが、今日は強いレースでした。今後については白紙です。放牧・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧