【JBCクラシック】(浦和)~チュウワウィザードが大接戦を制す

     

浦和競馬場(晴、重)で4日、第19回JBCクラシック(JpnI、ダート2000メートル)が行われ、好位から先に抜け出した1番人気のチュウワウィザード(JRA)が、迫ってきた2番人気のオメガパフューム(JRA)をハナ差抑えて、初のJpnI制覇を飾った。勝ちタイムは2分06秒1、勝利騎手は川田将雅。

4馬身差の3着には6番人気だったセンチュリオン(浦和)が入り、地方馬最先着を果たした。3番人気のロードゴラッソ(JRA)は7着だった。

チュウワウィザードは父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム(母父デュランダル)の牡4歳、青鹿毛。JRA栗東の大久保龍志厩舎所属。通算13戦8勝(中央9戦5勝)、重賞は4勝目。

~レース後のコメント~

1着 チュウワウィザード(川田将雅騎手)
「きわどくて入った瞬間はわかりませんでしたが、勝っていて良かったです。スムーズなスタートで、行く馬を見ながら、終始リズム良く行けました。ゴールの後は帰ってくるまで、勝ったかどうか分かりませんでした。一戦ごとに成長しながらJpnIを勝ってくれました。全体的に総合力があるのがこの馬の強みです。JpnIを勝つことができましたので、これからも頑張ります。応援よろしくお願いします」

(大久保龍志調教師)
「JpnIを勝てそうで勝てず、歯がゆかったので勝つことができてほっとしています。スタートが決まって、・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース