【エリザベス女王杯】美浦レポート~フロンテアクイーン(国枝栄調教師)

     

 10日(日)に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯に出走を予定しているフロンテアクイーン(牝6歳、美浦・国枝栄厩舎)について国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「前々走のクイーンステークスが今一つだったので、前走の府中牝馬ステークスはどこまで出来るかという気持ちでいましたが、レースはスムーズに行って前の馬を捕らえようという感じでした。負けはしましたが、良い競馬だったと思っています。これまでもいい競馬はしていましたが、6歳になっても走る気持ちは衰えてはいません。メイショウサムソンの産駒で、息長く走れるように思います。

 この中間は気になる点もなく、いい状態できました。今朝はウッドコースでの3頭併せでしたが、津村騎手には前の2頭を見ながら最後の反応だけ見て欲しいと言いました。元々それほど調教で走る馬ではないのですが、先週に続き今朝もいい感じで走ったと思います。

 去年のレースでは前が詰まるところがありましたが、最後しっかり伸びたので今年も上手く運べればチャンスはあると思っています。ペースによりますが、中団ぐらいにつけて最後間を割って抜け出せたらいいと考えています。3歳馬の2頭が注目されていますが、経験豊富なところを見せて欲しいと思います」

(取材:小林雅巳)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース