【共同通信杯】栗東レポート~アドマイヤマーズ

     

☆10日(日)東京競馬場で行われる第53回共同通信杯(GIII)に出走を予定しているアドマイヤマーズ(牡3、友道厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アドマイヤマーズについて、友道康夫調教師

・(今年の始動戦)本当に楽しみにしています。次に控えている皐月賞、ダービーに向けて楽しみを持てるような内容で勝ってもらいたいですね。

・(朝日杯FSは)瞬発力勝負になると分が悪くなるので騎手と相談して早めの競馬でいこうという作戦で臨みました。騎手がその通りに乗ってくれました。

・うちの厩舎はコースを使って長めの時計を出すように調教をしています。それに競馬の内容を見ていてもそんなにムキになっていく感じもありません。今回(1800メートルという)距離は心配していません。

・(今日の最終追い切りは)坂路でサッとやりましたが、(騎乗した)調教助手の手も動いていなかったような状態で54秒ぐらい(54.3-40.2-26.8-13.0)で上がってきたので、いい具合で仕上がったと思います。

・(今回様々なステップレースの中から東京競馬場の共同通信杯を選んだのは)皐月賞までは目標が決まっていますが、その後のダービー、NHKマイルカップの取捨選択を考えた場合、弥生賞を使うと間隔が詰まってしまいます。ですから今の時期のこのレースを選びました。休み明けでも走りますから皐月賞直行でも・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧