【京都記念】栗東レポート〜ノーブルマーズ

     

☆10日(日)京都競馬場で行われる第112回京都記念(GII)に出走を予定しているノーブルマーズ(牡6、宮本厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ノーブルマーズについて、宮本博調教師

・(日経新春杯は)結構ペースが速くこの馬のペースで走って位置取りが後ろでしたが4着ということでいい内容のレースでした。使い始めのアルゼンチン共和国杯が急仕上げ、ジャパンカップは相手が強過ぎて結果が出ず、この後どうなるかと思ったところでの0.2秒差でしたから良かったと思います。いつものノーブルマーズに戻った感じです。

・レースの後も(状態は)悪くありません。今回はレースの間隔もあまり無いので在厩して京都記念を目標に調整を続けました。最初の一週間は疲れを取って次の一週間はキャンターを乗って一週前に速いところ(追い切り)をやって、今週速いところをやってという感じでした。(調教に乗った)高倉騎手はジャッジが厳しいのですが「良かったですよ」と言っていたので良かったと思います。実際に(私も見て)良かったと思います。

・(京都芝2200メートルは)合っていると思います。今のちょっと荒れた(馬場の)京都もいいと思います。厩舎としての連覇がかかっているので勝って欲しいという気持ちが大きいです。

・前走時と(状態は)そんなに変わらないと思います。少しだけ上積みがある感じですね。どうか応援よろしくお願いし・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧