【京都記念】調教番長タイムフライヤー 復調なるか

     

88

1: 2019/02/07(木) 07:36:05.43 ID:GIDjJ8Ze0
  第112回京都記念・G2(10日、京都)で、17年12月のホープフルS以来の勝利を目指すタイムフライヤーが6日、栗東トレセンの坂路で追い切りを行った。 単走で楽な手応えながら、沈み込むような力強い脚さばき。しまいを伸ばしてラスト2ハロンは12秒0、12秒1の好ラップ。全体も52秒5の好時計を刻んだ。

 「先週は馬場でいい時計が出たが、へたってなくていい感じ。前走時も動いていたけど、多少硬さがありました。いい時はなめらかな動きで、今回の方が仕上がっています」。 CWコースで6ハロン79秒8の好時計を出した先週も振り返りながら、和田が笑みを見せた。
・・・

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ

最新記事一覧