【メイクデビュー】(京都4R)~サトノラファールが5馬身突き抜け新馬勝ち

     

京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は7番人気サトノラファール(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒1(良)。5馬身差の2着に10番人気サイモンルモンド、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気ビハインドザサンが入った。

サトノラファールは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母シークレットジプシー(母の父Sea of Secrets)。

~レース後のコメント~

1着 サトノラファール(岩田康誠騎手)
「まだ体に余裕があって、展開が恵まれた面があったもののそれで差し切るのですから能力が高いです。余裕がある分上積みもありそうです」

2着 サイモンルモンド(松山弘平騎手)
「仕掛けながらの追走でしたが、ラストは伸びています。周りの脚が鈍ったところもあったかもしれませんが、長くいい脚を使っています」

3着 ビハインドザサン(O.マーフィー騎手)
「直線に入るところで苦しくなりました。距離は1600mぐらいがベストのように感じます。とにかく乗りやすい馬。まだ少しトモが弱い分、まだまだ良くなりそうです」

4着 ハイアーグレード(浜中俊騎手)
「よく頑張ってくれました。このレースを使って良くなってくると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース