【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~マイラプソディが人気に応え3連勝

     

京都11Rの第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は1番人気マイラプソディ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分1秒5(良)。2馬身差の2着に2番人気ミヤマザクラ、さらに3馬身差の3着に3番人気ロールオブサンダーが入った。

マイラプソディは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母テディーズプロミス(母の父Salt Lake)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 マイラプソディ(武豊騎手)
「ここまでいい感じで来ています。4コーナーでちょっと手応えが無い感じがしました。でも元々そういうところがある馬ですから、ラストもバテている訳ではなくて、伸びてくれると信じていました。ラスト1ハロンを切ったところで本来の脚になって、そこが良かったですね。着差はそれ程ではなかったのですが、今後につながるレースができたと思います。ここまで1~3戦といい形で来ています。まだ伸びそうなところがあるので楽しみです。精神的にも幼く、身体もまだ良くなると思います」

(友道康夫調教師)
「小回りが心配でしたが、エンジンがかかればいい脚でしたね。レース後の息の入りも良かったです。今後は今のところ未定です」

2着 ミヤマザクラ(O.マーフィー騎手)
「勝った馬が強いです。彼女ができることはやれました。もっと距離を伸ばし・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
アンカツ「マイラプソディより東スポ組のほうが完成度は上やな」 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
京阪杯2 馬番連動の法則 New!  競馬サイン・勝利の法則
ジャパンカップ14 馬番連動の法則   競馬サイン・勝利の法則