【京阪杯】(京都)~ライトオンキューが重賞初制覇

     

京都12Rの京阪杯(GIII、3歳以上、芝1200m)は2番人気ライトオンキュー(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。1馬身3/4差2着に3番人気アイラブテーラー、さらに1/2馬身差で3着に7番人気カラクレナイが入った。

ライトオンキューは栗東・昆貢厩舎の4歳牡馬で、父Shamardal、母グレイトタイミング(母の父Raven's Pass)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ライトオンキュー(古川吉洋騎手)
「期待通りにパワーアップしていましたし、完勝でした。このまま無事に成長してくれれば良いですね。それが一番です」

(昆貢調教師)
「キーンランドCで後にGIを勝つ馬とも接戦でしたし、この相手なら負けられない気持ちでした。今後はタワーオブロンドンを負かすつもりでローテーションを考えています。無事に(GIへ)持っていけるように、様子を見て次走は考えようと思います」

2着 アイラブテーラー(和田竜二騎手)
「ゲートの1歩目が前に掛かりすぎて、タイミングが難しくなってしまいました。もう少し前で競馬をしたかったのですが...。故障した馬をよけるところで差が開いた面もありました。それでも直線で狭いところへ入っていく根性もありますし、いい脚を使ってくれました」

3着 カラクレナイ(大野拓弥騎手)

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース