【オータムリーフS】(京都)~スズカコーズラインが先手を奪って押し切る

     

京都11Rのオータムリーフステークス(3歳以上オープン、ダート1200m)は3番人気スズカコーズライン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。1馬身1/4差2着に2番人気テーオージーニアス、さらにクビ差で3着に1番人気ヴァニラアイスが入った。

スズカコーズラインは栗東・木原一良厩舎の5歳牡馬で、父スズカコーズウェイ、母ヴェスタ(母の父Fortunate Prospect)。通算成績は23戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スズカコーズライン(三浦皇成騎手)
「返し馬から状態の良さが伝わってきました。夏バテの影響があると聞いていましたが、リフレッシュ出来ていました。ポジションを気にせず、単騎で逃げたのが良かったです。完勝でした。強かったです」

2着 テーオージーニアス(川須栄彦騎手)
「返し馬で具合が良く、前走以上のデキでした。自信を持ってレースに臨みました。オープンで京都の1200mで、みんながテンから速かったです。勝負どころでは戸惑う面がありましたが、直線に向いて手前を替えてから馬群の中から力強く伸びてくれました」

3着 ヴァニラアイス(幸英明騎手)
「今回はゲートの出が速かったです。2番手で流れに乗れましたが、まだ集中し切れていません。その辺が課題です。よく走ってくれましたが、もっと走ってくれると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース