【ベゴニア賞】(東京)~ミアマンテがデビュー2連勝

     

東京7Rのベゴニア賞(2歳1勝クラス、芝1600m)は1番人気ミアマンテ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(不良)。1馬身差2着に2番人気ジュンライトボルト、さらに3/4馬身差で3着に5番人気アオイクレアトールが入った。

ミアマンテは美浦・木村哲也厩舎の2歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ミスエーニョ(母の父Pulpit)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ミアマンテ(ルメール騎手)
「今日はこの馬場で、エンジンが掛かるまでに時間を要しましたが、ラスト200mでもう一度伸びてくれました。まだ2戦目ですが、すごくいい競馬をしましたし、距離はちょうどいいです。能力があり、すごくいい馬だと思います」

2着 ジュンライトボルト(スミヨン騎手)
「道中、ずっと右にモタれていましたが、最後は伸びています。馬場が良くて右回りならもっとやれると思います」

3着 アオイクレアトール(武豊騎手)
「道中、いい感じで走っていましたし、直線、前がきれいに空いたので勝てるかと思いましたが、スパッと伸びませんでした。素質はありますし、いい馬です」

5着 レッドライデン(マーフィー騎手)
「今日は抑え込めず、暴走してしまいました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース