【メイクデビュー】(京都5R)~レッドフラヴィアが勝利

     

京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気レッドフラヴィア(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒7(良)。4馬身差2着に11番人気バビット、さらにクビ差で3着に5番人気メイショウコジョウが入った。

レッドフラヴィアは栗東・平田修厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母レッドメデューサ(母の父Mr. Greeley)。

~レース後のコメント~
1着 レッドフラヴィア(北村友一騎手)
「道中もすごくリラックスして走っていました。上手に競馬をしてくれたと思います。切れるタイプではないと思いますから、これくらいの距離で平均ペースで流れた方がレースをしやすいと思います」

3着 メイショウコジョウ(松山弘平騎手)
「スタートも良く、芝も走りも良かったと思いますが、ズブいところがあります。でもラストはしっかりと伸びてくれて、上積みがありそうです」

5着 ウインラディアント(松岡正海騎手)
「来週の中山芝2000m(の新馬戦)もありましたが、スタートが遅くて巻き返しが効かないタイプなので、向正面を利用して、外々で3番手まで上がって行きました。ワンペースっぽいところがあるので、こういう競馬をしました。ゲートもモッサリしているので、競馬を覚えさせる意味で攻めて行きました。体を持て余しているので、ここで1回経験出来たことは大きいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース