【チャンピオンズC】美浦レポート~サトノティターン

     

 12月1日(日)に中京競馬場で行われる第20回チャンピオンズカップ(GI・ダート1800m)に出走するサトノティターン(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)について、追い切り後の上原佑紀調教助手のコメントは以下の通り。

「(今朝の追い切りは)輸送を控えていますし、先週までで大分乗り込んで来ているので、反応の確認程度にとどめる予定でした。前半の行きっぷりも良かったですし、終いの反応も良かったので、かなりいい状態に持って来られたと思います。

 (前走は)東京のダート2100mに高い適性を持っている馬ですし、期待通りの走りを見せてくれたという印象でした。乗っていたシュタルケ騎手も『乗りやすくて自分の思い描いていた通りのレースが出来た』と話してくれましたし、内容は良かったと思います。

 この中間は在厩調整で、前走後も大きなダメージはなかったので、割と早い段階で調教のペースを上げられました。ここまで順調に調整出来ています。(6歳を迎えて今年5戦3勝、変化は)2歳、3歳の頃から大きな馬でしたが繊細な面があって、精神面も含めて中身が伴ってこない所がありました。それもあって年に1回、2回しか使えない事もある状況でしたが、最近になってようやく中身が充実してきて、心身のバランスが取れてきた感じですね。コンスタントに競馬に使えるようになったので、そういった意味では精神面の成長がかなり大きいのかな、と思います。

 (この馬の長所は)・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース