【チャンピオンズC】栗東レポート~ワンダーリーデル

     

12月1日(日)に中京競馬場で行われる第20回チャンピオンズカップ(GI)に登録しているワンダーリーデル(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)について、追い切り後の安田翔伍調教師のコメントは以下の通り。

(今の充実ぶりについて)
「今年の3月に沖調教師から引き継がせていただいたのですが、それ以前のも大事に使われていたのがよく感じ取れるぐらい、馬が6歳でもうすぐ7歳を迎えようとしているのですが、本当に若々しさもあってフレッシュな状態で使わせていただけているのが大きな要因だと思います。
 経験が豊富なので、レースにこのように仕向けて気持ちを持っていきたいなという、こちらの考え以上に馬がレースを察してくれています。それから逆算して、自分で気持ちのコントロールをしてくれるということはすごく助かっています」

(前走の武蔵野S1着を振り返って)
「それまでの相手よりは強くなりましたが、この馬に対して私が感じた、ゆったりした流れの方が良さが出てくれないかなというのもありました。そういう考えを、感触を聞いてみたいということで横山典弘騎手に依頼しました。その中でも馬のリズム重視でどれだけゆったりしてメリハリを効かせたら良さが出るかというのをテーマにレースをしてもらいました。展開もこの馬にすごく向いたというのは正直ありますが、その結果以上に1600m、1800mで良さが出そうだという意見をもらえたということでは着順と一緒・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース