【あすなろ賞】(小倉)~ハバナウインドが外から差し切る

     

小倉10Rのあすなろ賞(3歳500万下・芝2000m)は4番人気ハバナウインド(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒9(稍重)。アタマ差の2着に1番人気カセドラルベル、さらに3馬身差の3着に5番人気ウレキサイトが入った。

ハバナウインドは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母グァンタナメラ(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ハバナウインド(鮫島克駿騎手)
「馬場が緩い印象があって、上がりがかかりそうだと思いました。理想的な展開でした。レース前は距離が長い気がしましたが、しっかりと対応してくれました。前回から息を抜く所を覚えてくれて、最後は詰められましたが、まだ余裕がありました」

2着 カセドラルベル(藤岡康太騎手)
「耳も覆いのあるメンコにして、落ち着きすぎてゲートの出がゆっくりだったので、ゆっくり走ろうと思いました。ハミを取ったり取らなかったり、まだ集中し切れていない部分があります」

3着 ウレキサイト(中谷雄太騎手)
「調教に乗った時から感触を掴んでいました。良い雰囲気があったので、走ってくれると思っていました。前回は2コーナー手前から引っ掛かっていましたが、それだけが問題ではなく、不真面目な部分があるのかなと思っていました。出来るだけ1頭になってフワッとさせないように気をつけま・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース