【浦和記念】(浦和)~ケイティブレイブが国内復帰戦を完勝

     

浦和競馬場(天候・曇、馬場状態・重)で行われたダートグレード競走、第40回浦和記念(JpnII・3歳以上オープン・ダート2000m)は、南関東から6頭、JRAから5頭、他地区1頭の合わせて12頭が出走して行われ、2周目の向正面で仕掛けたケイティブレイブ(JRA)が直線入口で先頭に立つと後続を突き放し2分05秒4の時計で勝利を手にした。勝利騎手はクリストフ・スミヨン騎手から急遽乗り替わった御神本訓史騎手。

3馬身差の2着にアナザートゥルース(JRA)、3着に直線追い込んだロードゴラッソ(JRA)が3/4馬身で続き、1番人気のデルマルーヴルは直線伸びを欠いてクビ差の4着に終わった。上位はいずれもJRA勢が占め、地方馬最先着はセンチュリオン(浦和)の5着だった。

勝ったケイティブレイブは父アドマイヤマックス、母ケイティローレル(その父サクラローレル)という血統の牡6歳馬。JRA栗東・杉山晴紀厩舎の管理馬。通算成績は35戦12勝(うち地方18戦9勝)。

<レース後の関係者のコメント>

1着 ケイティブレイブ(御神本訓史騎手)
「無事に代役を果たせてホッとしました。(乗り替わりの)連絡を貰った時にはビックリしましたね。先生とは事前に打ち合わせをして、逃げられるなら逃げても良いし、逃げられなければ包まれないような競馬をしようと話していました。うまく最初のコーナーで外に切り返せましたし、道中の手応えも・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース