【メイクデビュー】(中山5R)~ヤマニンプレシオサが後続の追撃を振り切りデビュー勝ち

     

中山5Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は5番人気ヤマニンプレシオサ(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒1(良)。半馬身差の2着に10番人気グランエクセレント、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気シンキングムーンが入った。

ヤマニンプレシオサは美浦・星野忍厩舎の2歳牝馬で、父ヴァンセンヌ、母ヤマニンスフィアー(母の父ホワイトマズル)。

~レース後のコメント~
1着 ヤマニンプレシオサ(江田照男騎手)
「追い切りでは良い動きをしていました。そのままレースでも、調教通りに走ってくれました。良い内容で勝ってくれました」

5着 ミラノジェントル(木幡育也騎手)
「スタートが速く、ハナに立って楽に行けました。終いは甘くなりましたが、よく5着に粘ったと思います。次はもっと楽に行けると思います」

12着 フィオナサンライズ(O.マーフィー騎手)
「まだ馬が子供で、距離も短いようです。1400mから1600mの方が良いように思います。次はもっと良くなると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース