【ステイヤーズS】6番人気のモンドインテロが抜け出しV!重賞初制覇

     

 11月30日の中山11Rで行われた暮れの名物重賞・第53回ステイヤーズS(3歳以上オープン、GII、芝3600メートル、別定、13頭立て、1着賞金=6200万円)は、W.ビュイック騎手騎乗で6番人気のモンドインテロ(牡7歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、入れ替わりの激しい展開のなかでも落ち着いて好位で脚を溜めると、最後の直線で力強く抜け出して勝利。16、18年に3着した実績がある伝統の一戦で、待望の重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは3分46秒1(良)。

 3/4馬身差の2着には同一重賞V4を目指したアルバート(1番人気)が追い込み、さらに1馬身差の3着には道中で一気に仕掛けて2周目1コーナーから逃げの形に持ち込んだエイシンクリック(11番人気)が粘り込んだ。平地重賞初Vを狙った“障害王”オジュウチョウサン(4番人気)は早めに仕掛けて一度は先頭に並びかけるも直線半ばで後続に捕まり6着、昨年に続く連覇を狙ったリッジマン(2番人気)は見せ場なく11着に大敗となった。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000535-sanspo-horse

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ