【2歳1勝クラス】(中山7R)~人気のアイオライトが直線で突き抜ける

     

中山7Rの2歳1勝クラス(ダート1200m)は1番人気アイオライト(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(良)。3馬身半差の2着に7番人気ヴァンドゥメール、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気レイテントロアーが入った。

アイオライトは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父ローレルゲレイロ、母ステラアクトレス(母の父オペラハウス)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アイオライト(武藤雅騎手)
「このクラスでこの距離なら力は上です。能力が違いました。ムチを使うこともほとんどありませんでした。この後は距離を延ばしていきたいので、その場合は気持ち、精神面が問題になるかと思います」

(武藤善則調教師)
「ダートは走ります。まだ余力がありました。今日は道中グッと下げて、一列下げたところでレースができたのが収穫です。この後は出られたら川崎の全日本2歳優駿に行きたいと思います」

2着 ヴァンドゥメール(三浦皇成騎手)
「体にまだ良い感じで余裕があり、使って次は良くなると思います。今日は相手が強かったです」

6着 スズカパンサー(石橋脩騎手)
「今日は砂を被ったらブレーキを掛けてしまいました。外枠だったら違っていたと思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース