【北山S】(京都)~リアンヴェリテが混戦の中逃げ切る

     

京都10Rの北山ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気リアンヴェリテ(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒8(稍重)。3馬身差の2着に3番人気メイショウエイコウ、さらにハナ差の3着に4番人気フリーフリッカーが入った。

リアンヴェリテは栗東・中竹和也厩舎の5歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ルミエールヴェリテ(母の父Cozzene)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 リアンヴェリテ(国分恭介騎手)
「意外と楽に行けました。1~2コーナーで他の馬に来られて速くなるところはありました。直線は捕まりそうで捕まりませんでした。スピード感はありませんが、スピードは出ている感じです。まだ緩いですし、もっと良くなるでしょう」

2着 メイショウエイコウ(池添謙一騎手)
「昇級戦でもよく頑張っています。外々を回らされましたが、長く良い脚を使っています。前回と今回、ともにゲートでガタついて遅れているので、そのあたりが改善されるともっと良いレースができると思います」

3着 フリーフリッカー(浜中俊騎手)
「折り合いが難しいと聞いていましたが、ペースが上がって楽に追走できました。昇級でしたが、メドが立つ内容でした」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース