【松籟S】(京都)~シャルドネゴールドが人気に応えて押し切る

     

京都9Rの松籟ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・芝2400m)は1番人気シャルドネゴールド(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒4(良)。3/4馬身差の2着に2番人気マイハートビート、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気アクートが入った。

シャルドネゴールドは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母セルフプリザヴェーション(母の父Lion Heart)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シャルドネゴールド(福永祐一騎手)
「スタートが良くてあのポジションになりました。最後までしっかり走ってくれました」

2着 マイハートビート(川田将雅騎手)
「返し馬が大丈夫でしたし、この分が前回より良かったです。良い内容で走ることができました」

5着 アルメリアブルーム(浜中俊騎手)
「この距離で少頭数なのでスローになるのは想定通りでした。スタートと位置取りも良かったのですが、道中はずっとかかっていました。以前に比べてパワーアップしているので、抑えるのに苦労します」

7着 サラス(松若風馬騎手)
「いつも通りフワッとしていて道中も悪くなかったです。それでも最後は思ったほど反応してくれませんでした。敗因がよく分かりません」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019   うまなみ・競馬にゅーす速報