【初音S】(東京)~ダノングレースが追い比べを制す

     

東京9Rの初音ステークス(4歳以上1600万下・牝馬・芝1800m)は6番人気ダノングレース(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。クビ差の2着に3番人気フィニフティ、さらに1馬身半差の3着に12番人気シャンティローザが入った。

ダノングレースは美浦・国枝栄厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母チェリーコレクト(母の父Oratorio)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノングレース(蛯名正義騎手)
「馬が成長して、返し馬でも引っ掛からなくなって落ち着いています。気持ちが穏やかになった分、道中のロスがなくなり、スタミナを温存できます。それが最後の爆発力につながったのだと思います」

2着 フィニフティ(戸崎圭太騎手)
「馬が良くなっていて、イメージ通りに運べました。最後は勝ち馬にやられてしまいました」

3着 シャンティローザ(津村明秀騎手)
「道中ハミを取る余裕がなくて、出しながらの追走でしたが、終いは内からよく伸びています。馬が良くなってきていますし、力があります」

4着 ブラックスビーチ(M・デムーロ騎手)
「良い競馬ができましたが、終いはジリジリでした。この馬には馬場がかたく、距離もギリギリでしょうか」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース