【3歳500万下】(東京6R)~トオヤリトセイトが人気に応えて差し切る

     

東京6Rの3歳500万下(芝1400m)は1番人気トオヤリトセイト(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。アタマ差の2着に8番人気クラヴィスオレア、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ヴォイスオブジョイが入った。

トオヤリトセイトは栗東・松下武士厩舎の3歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ジャジャマーチャン(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トオヤリトセイト(C・ルメール騎手)
「良い脚を使いましたし、能力があります。スタートが上手になれば、もっと楽に勝てるでしょう。距離は1600mでもいけると思います」

2着 クラヴィスオレア(木幡育也騎手)
「2番手につけてリズム良く、リラックスして走っていました。追ってからもしっかり反応しましたが...。最後の最後で差されてしまいました」

6着 タマモメイトウ(三浦皇成騎手)
「折り合いもうまくついて、競馬としては良かったと思います。ただ、もう少し自分のリズムで走らせたかったです。脚を余した感じのゴールになってしまいました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[2]第67回 日経賞(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報