【3歳500万下】(京都3R)~末脚を発揮したメスキータが差し切る

     

京都3Rの3歳500万下(ダート1800m)は6番人気メスキータ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気ブラックウォーリア、さらにクビ差の3着に5番人気カフジストームが入った。

メスキータは栗東・山内研二厩舎の3歳牡馬で、父ブラックタイド、母アンダルシア(母の父アルカセット)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メスキータ(松山弘平騎手)
「終いを生かす競馬をして欲しいと言われていました。上手にスタートして、道中脚をためて行き、終いしっかり脚を使ってくれました。強い競馬をしてくれたと思います」

2着 ブラックウォーリア(和田竜二騎手)
「道中もまれたくなかったので、内枠でもあったので出して行きました。最後まで粘り込んでいました。今日の感じならおさえて行ってもやれそうな気がします」

4着 ワシントンテソーロ(岩田康誠騎手)
「調教は良かったです。自分の形のレースはできたと思いますが、3~4コーナーでモタモタしました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧