【阪神JF】美浦レポート~マルターズディオサ

     

12月8日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に出走予定のマルターズディオサ(牝2)について、手塚貴久調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

「前走は外から力でねじ伏せるような走りで強いと思いました。想像以上で嬉しい誤算でした。新馬は意図しない先行の形になって、ウーマンズハートに負けてしまいましたが、2戦目では出遅れましたが脚を使って好時計勝ち、前走は強い競馬で、一戦ごとに力をつけていると思います。
前走の後、このレースから逆算して、早めに美浦へ戻して調教を積んでいます。量的にも十分すぎるほど乗り込んでいて、仕上がりは問題ないと思います。体重はあまり変わってないように見えますが、見た目にボリュームが出て、華奢な印象から少しドシっとしたようなイメージになってきました。
1週前の追い切りはオータムレッドを追いかけて、手応えは劣勢に見えますが、調教のタイプが違うので、特に問題にはしていません。仕掛けてからの反応が良かったと思います。ジョッキーも好感触でした。
先週はしっかりやったので、やりすぎだけには気をつけようと、今日はポリトラックにしました。こちらが思っているよりも時計が速くなってしまいましたが、それだけ状態の方は気合が乗って、いい感じになってきたのかなと思います。
1走ごとに成長が感じられるので、前走より精神面も体力面も成長が感じられるなと思っていて、ここにチャレ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧