【クイーンC】(東京)~人気のクロノジェネシスが重賞初制覇

     

東京11Rのクイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は1番人気クロノジェネシス(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。クビ差の2着に2番人気ビーチサンバ、さらに半馬身差の3着には7番人気ジョディーが入った。

クロノジェネシスは栗東・斉藤崇史厩舎の3歳牝馬で、父バゴ、母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 クロノジェネシス(北村友一騎手)
「この馬の瞬発力には自信を持っていました。今日は前哨戦で8割くらいの状態だったと思います。競馬場に3日間滞在するというアクシデントがありましたが。返し馬をしたときに大丈夫だと思いました。前走が後ろからのレースとなったので、今日はゲートを気をつけて出しました。今日は折り合いもつき、リズム良く走れました。反応も良かったです。元々持っている瞬発力がさらに良くなっています。前哨戦としては良い内容で勝てたと思います」

(斉藤崇史調教師)
「3日間東京競馬場で過ごすことになり、土曜日はダートコースで調整し、昨日は曳き運動を行いました。馬はきちんと反応してくれました。ただ、少し気の良いタイプなので、今後は大レースに向けてそこが課題ですね。1回1回まじめに走るタイプなので、この後は少し間隔を空けたいです。桜花賞へ直行します。この後はノーザンファームしがらきに放牧へ出ます」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース