【フェブラリーS】栗東レポート~ゴールドドリーム(ルメール騎手)

     

2月17日(日)に東京競馬場で行われる第36回フェブラリーステークス(GI)に登録しているゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)について、鞍上のC・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

(前走の東京大賞典2着を振り返って)
「良い競馬ができました。しかし、チャンピオンズカップを使うことができなかったので、直線では反応が少し遅かったです。その後はオメガパフュームと併せ馬になりましたが、最後は疲れてしまいました。その日はまだトップコンディションではなかったと思います。残念でしたが、頑張ってくれました」

(去年のフェブラリーステークスでのゴールドドリームの印象は?)
「いつも後ろのポジションからすごく良い脚を使います。瞬発力があると思っていました。ダートで力があります。結構大柄な馬です。最後先頭に立つ時は少しリラックスして止まってしまうところがあります。今週はそれに注意したいです。ハナに立ったらラスト50mぐらいは少し危ないです」

(乗ってみての良さは?)
「最後の速さはすごいです。ラスト300mぐらいは速い脚を使えます。良いポイントの一つはスタートです。以前はスタートが良くありませんでした。しかし、スタートが上手くなりました。ゲートの中でもリラックスすることができます。良いタイミングでゲートから出せます。ですから良いポジションを取れます」

(今回のレースに向け・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース