【フェブラリーS】栗東レポート~ゴールドドリーム(平田修調教師)

     

2月17日(日)に東京競馬場で行われる第36回フェブラリーステークス(GI)に登録しているゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)について、追い切り後の平田修調教師のコメントは以下の通り。

(前走の東京大賞典2着を振り返って)
「一頓挫あった後の競馬だったので、勝ちたかった競馬ではあります。結果は2着でしたが、状態などいろいろ考えるとよく頑張ったかなという気はします」

(前走後の調整について)
「東京大賞典が間のあいていた競馬だったということもありますから、よく言われる一叩きという効果のようなものは、かなりあるように思います」

(調教過程を振り返って)
「追い切りをする前に、ルメール騎手に会って話をしました。先週のCウッドチップコースの追い切りがかなり良かったので、そんなにビッシリとやることもないので、だんだんと時計が速くなっていくようにしようかという話をして、見ていました。テンは割りとゆっくり目に見えましたが、52秒ー12秒0なら余裕の動きでしたし、満足のいく追い切りだったと思います」

(東京マイル好走の要因は?)
「あの馬は跳びの大きい馬ですし、広い競馬場というのがまず一つ。最近でこそ随分ゲートに関しては上手くなりましたが、芝スタートということでその踏ん張りが利くというようなところがあって、そんなに出遅れもなく競馬ができました。あまり器用な・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬】オープン大将といえば New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
ダイワスカーレット9年連続牝馬出産www New!  うまなみ・競馬にゅーす速報