【ホープフルS】栗東レポート〜ヴェルトライゼンデ

     

12月28日(土)に中山競馬場で行われる第36回ホープフルステークス(GI)に登録しているヴェルトライゼンデ(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(前走の萩S1着を振り返って)
「新馬を一回使って、動きに素軽さが出ていたので期待していました。そんなに切れるという感じではなかったのですが、並んでから抜かせないというか、そういう勝負根性を見せてくれて、こちらが思っている以上に強い内容だったなと感じました」

(前走後の調整について)
「前走後はノーザンファームしがらきでリフレッシュ放牧を挟みました。帰厩後も順調に調教を消化しています」

(調教過程を振り返って)
「先週の1週前追い切りはマーフィー騎手に栗東で乗ってもらいました。1週前なのでしっかりやってほしいということで、ラスト1ハロンはしっかり追ってもらいました。
 シャープに動いていましたし、マーフィー騎手もズブいところはなかったと言っていました。
 先週にしっかりやっているので、今週は中山までの長距離輸送も控えているということで、坂路でサラッと軽い調整をしました」

(今回のレースに向けて)
「競馬が上手で器用に立ち回れますし、割とパワーもあるので、今の中山コースも合っているのではないかと思います。
 今回・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース