レイデオロが引退、種牡馬へ

     

 2017年東京優駿(GI)、2018年天皇賞(秋)(GI)などに優勝したレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、本日、12月25日付けで競走馬登録を抹消した。今後は、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションにて種牡馬となる予定。
通算成績は17戦7勝(うち海外成績は2戦0勝)。JRA重賞勝鞍は、2016年ホープフルステークス(GII)、2017年東京優駿(GI)、神戸新聞杯(GII)、2018年オールカマー(GII)、天皇賞(秋)(GI)。

(JRA発表) 

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース