【メイクデビュー】(阪神4、5R)~パルディエス、サトノシャロームが勝利

     

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は5番人気パルディエス(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒1(稍重)。4馬身差の2着に1番人気プリモダルク、さらに半馬身差の3着に8番人気スマートコルザが入った。

パルディエスは美浦・田中博康厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母サンクスアロット(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 パルディエス(横山武史騎手)
「調教の時からいい馬と感じていたので自信がありました。ただ、直線でもたれたりと幼い面があるので、その点が課題です。その辺の克服が必要です。でも、この勝ち方ですから昇級しても楽しみです」

2着 プリモダルク(藤岡佑介騎手)
「調教の段階から燃えやすいところがあるのですが、今日は馬の後ろでしっかり我慢してくれました。今のレースは勝ち馬に出し抜かれるような形になりました」

5着 ジョーフォレスト(田中勝春騎手)
「それなりに走っています。まだ緩いところがあるので、ここを使って良くなってくればいいですね。終いは脚を使っています」


阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は1番人気サトノシャローム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒2(良)。半馬身差の2着に2番人気シルヴィス、さらにクビ差の3着に3番人気リヒト・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース