2019年度東京競馬記者クラブ賞はアーモンドアイとウインブライト

     

東京競馬記者クラブ(加盟17社)は、2019年度の東京競馬記者クラブ賞について審議を行い、東京競馬記者クラブ賞としてアーモンドアイ(国枝栄厩舎)関係者一同、およびウインブライト(畠山吉宏厩舎)関係者一同を選出した。授賞式は来年1月5日(日)、中山競馬場で昼休みに行う予定。

アーモンドアイ関係者一同の受賞理由
初の海外遠征となったUAEのドバイターフを圧勝し、秋の天皇賞も圧倒的な強さで制するなど、競馬ファンに強烈なインパクトを残す成績を収め、現役最強馬として年間を通じて競馬界を盛り上げた。

(有)シルクレーシング 米本昌史代表取締役の受賞コメント
「まずは2年連続の受賞ありがとうございます。今年は3月のドバイを海外初挑戦で優勝することができ、その後も国内でチャレンジをし続けてくれました。天皇賞(秋)もそうですが、安田記念、ファン投票1位に選ばれた有馬記念も含めて、一生懸命に走る姿を応援していただきました。今は無事に牧場に戻り、来年に向けて疲れを癒やしているところです。来年も応援よろしくお願いします」

国枝栄調教師の受賞コメント
「ファンの皆さんだけでなく、われわれ関係者もアーモンドアイの活躍にワクワクさせられました。いろいろなことを経験させてもらい、その中で勉強もさせてもらい、楽しい1年を過ごすことができたと思っています。これで有馬記念の結果が良ければ最高でしたが、あれも"これ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース