【京都牝馬S】大荒れ!休み明け+32kgデアレガーロが差しきって重賞初V

     

 芝1400メートルの牝馬限定重賞は17頭立て(ディメンシオンが出走取消)で争われ、池添謙一騎手騎乗で、9番人気だった昨年2着のデアレガーロ(5歳、美浦・大竹正博厩舎)が直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。

 2着に、7番人気のリナーテ(武豊騎手)が続き、13番人気のアマルフィコースト(坂井瑠星騎手)が3着に入った。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000193-sph-horse
121

続きを読む

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ