藤沢和雄調教師、JRA重賞競走最多出走記録を更新

     

京都11R京都牝馬ステークス(GIII)に、12番アルーシャ(C.ルメール騎手)が出走し、同馬を管理する藤沢和雄調教師(美浦)は、JRA重賞競走の通算出走頭数が1033頭となった。これは、グレード制を導入した1984年以降では、橋口弘次郎元調教師の1032頭を抜き、JRA重賞競走最多出走頭数となる。なお、重賞勝利数の111勝も1984年以降では第1位の記録となる。

(JRAの発表による)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報