【金蹄S】(東京10R)~サトノティターンが4馬身差の圧勝

     

東京10Rの金蹄ステークス(4歳以上1600万下・ダート2100m)は2番人気サトノティターン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒7(良)。4馬身差の2着に3番人気デザートスネーク、さらに半馬身差の3着に1番人気アドマイヤビクターが入った。

サトノティターンは美浦・堀宣行厩舎の6歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母マチカネチコウヨレ(母の父Deputy Minister)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノティターン(石橋脩騎手)
「平常心でゲートに入れましたし、道中もアドマイヤビクターを見つつ、いい形で行けました。直線も楽でしたね。この舞台も合っていますし、力が違いました」

2着 デザートスネーク(三浦皇成騎手)
「跳びの大きな馬なので、ポジションにこだわらずリズム重視で運びました。よく伸びてくれています」

4着 ナンヨープルートー(田辺裕信騎手)
「外枠ということもあってスタートの出の悪さをカバーできて、流れに乗って競馬ができました。終いにもうひと踏ん張りできればさらに良いと思います。昇級戦でしたが、よく頑張ってくれました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
大阪杯 ダービー馬の法則 New!  競馬サイン・勝利の法則
【競馬予想】[1]第63回 大阪杯(G1) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
大阪杯4 オール阪神巨人のヒント New!  競馬サイン・勝利の法則