【河原町S】(京都10R)~サヴィが直線半ばで抜け出し2馬身差の快勝

     

京都10Rの河原町ステークス(4歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気サヴィ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒0(良)。2馬身差の2着に3番人気アディラート、さらにクビ差の3着に2番人気メイショウラケーテが入った。

サヴィは栗東・中内田充正厩舎の5歳牡馬で、父ストリートセンス、母ヴィヴァヴォーチェ(母の父アルカセット)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サヴィ(藤岡佑介騎手)
「完璧な内容でした。前走はコンディションが素晴らしかったのですが、外枠でうまく誘導できませんでした。今日は2番手を取ってこの馬のパターンに持ち込みました。直線の入り口での速さがこの馬の武器だと思います」

3着 メイショウラケーテ(池添謙一騎手)
「いいペースで競馬ができて、昇級戦でしたがよく踏ん張ってくれました。このクラスだともう一押しが必要なので、クラス慣れして踏ん張ってくれればいいですね」

6着 バーンフライ(高倉稜騎手)
「向正面で良い所が開いていたので動かして行ったら、バランスが悪くなりました。クラスが上がったら自分のリズムで行ったほうが切れると思います。具合が良いので、流れ一つでしょう」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース