【小倉大賞典】(小倉)~スティッフェリオが競り合い制して重賞2勝目

     

小倉11Rの第53回小倉大賞典(GIII、4歳以上、ハンデ、芝1800m)は3番人気スティッフェリオ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(良)。クビ差2着に1番人気タニノフランケル、さらに1馬身1/2差で3着に14番人気サイモンラムセスが入った。

スティッフェリオは栗東・音無秀孝厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母シリアスアティテュード(母の父Mtoto)。通算成績は20戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 スティッフェリオ(丸山騎手)
「休み明けで、3コーナー過ぎの反応は鈍かったのですが、勝ち切ってくれました。行く馬が多い中でこの馬もスタートが良く、いいポジションが取れました。去年の夏からの成長を感じますし、57キロのハンデで勝ち切ってくれました。力をつけています」

2着 タニノフランケル(川田騎手)
「前は気にせずに自分の組み立てでレースを運びました。最後はササっていましたし、ゲートを出てすぐに落鉄をしていたので、その影響もあったと思います。それでいてよく走ってくれています」

3着 サイモンラムセス(小牧騎手)
「いいペースでしたからね。この馬のパターンに持ち込むことが出来て、やったと思ったのですが...」

4着 ナイトオブナイツ(古川騎手)
「ペースが流れると思っていたのですが...。それで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019   うまなみ・競馬にゅーす速報