【アメジストS】(東京)~ロシュフォールが差し切りV

     

東京10Rのアメジストステークス(4歳以上1600万下ハンデ、芝2000m)は2番人気ロシュフォール(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。1馬身1/4差2着に3番人気ダノンキングダム、さらにクビ差で3着に1番人気ブレステイキングが入った。

ロシュフォールは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母アンブロワーズ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ロシュフォール(ルメール騎手)
「いつもスタートは速くなく、最後にいい脚を使う馬です。とても能力を感じます。今日はまだトップコンディションではありませんでした。まだまだ良くなります」

2着 ダノンキングダム(津村騎手)
「去年乗った時より力をつけています。いいペースで逃げることが出来ました。決め手のある馬に負けはしましたが、この馬もよく頑張っています。時計も良かったと思います」

4着 ショウナンマルシェ(大野騎手)
「いい位置を取れてうまく脚をためることが出来ました。最後までよく伸びています」

5着 マイネルファンロン(柴田大知騎手)
「流れに乗って上手にレースをしてくれました。2000m以上の距離でレースのしやすい馬です」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース