【春日特別】(京都)~フランツが休養明けの一戦を快勝

     

京都9Rの春日特別(4歳以上1000万下、芝1800m)は1番人気フランツ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。1馬身1/4差2着に3番人気トーセンスーリヤ、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気インヘリットデールが入った。

フランツは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ロベルタ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 フランツ(池添騎手)
「調教の動きから1000万下クラスの馬ではないと思っていました。ただ、幼い部分はあって、今日もカリカリして返し馬でもテンションが高かったです。折り合いに苦労するところもありましたが、外に持ち出すといい脚を使ってくれました。素質の高い馬で、これからも楽しみです」

2着 トーセンスーリヤ(横山和生騎手)
「距離はこれくらいがいいと思います。初めて乗りましたが、リラックスしていて雰囲気は良かったです。勝ち馬は外から勢いをつけて追い上げて来ましたから、その分の差だと思います。7、8分のデキでこれだけ走ったわけですから、今後が楽しみです」

3着 インヘリットデール(北村友一騎手)
「リラックスして走れていたと思いますが、少し追い出しを待った割には末脚があまり伸びませんでした」

4着 ハローユニコーン(坂井瑠星騎手)

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
日経賞2019 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向   競馬sevendays
【スプリングS】エメラルファイト買えた奴こい   うまなみ・競馬にゅーす速報
【阪神大賞典】ロードヴァンドール横山典wwww   うまなみ・競馬にゅーす速報
大阪杯 登録馬   競馬サイン・勝利の法則
日経賞 高松宮記念 登録馬   競馬サイン・勝利の法則