【大和S】(京都)~ヤマニンアンプリメが末脚切れて快勝

     

京都11Rの大和ステークス(4歳以上オープン、ハンデ、ダート1200m)は3番人気ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒7(良)。3/4馬身差2着に1番人気ジューヌエコール、さらに1馬身3/4差で3着に7番人気ヴェンジェンスが入った。

ヤマニンアンプリメは栗東・中村均厩舎の5歳牝馬で、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は23戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)
「決してうまく乗れたわけではありませんが、馬の力に助けられました。外に出せなかった分、切り替えて内をついたことがうまく行きました。体重が増えていましたし、抜け出すとフワッとするところがあります。今日は本当に良かったです」

2着 ジューヌエコール(坂井瑠星騎手)
「力を信じて勝ちに行く競馬をしました。直線で抜け出してからもしっかりしていましたが、勝ち馬の決め手に屈した形です」

3着 ヴェンジェンス(石川騎手)
「前走は前に行って後半バタッと止まっていたので、後ろから行こうと思っていました。4コーナーくらいからハミを取っていい追い上げを見せてくれました。向正面でもう少し馬群について行って欲しかったです。外枠ならもっと良かったのかもしれません」

4着 オウケンビリーヴ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース