【日経新春杯】栗東レポート~サトノガーネット

     

19日(日)に京都競馬場で行われる日経新春杯(GII)に出走予定のサトノガーネット(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の坂井瑠星騎手のコメントは以下の通り。

―前走を振り返ってください
「終始促しながら、という感じでしたが、直線は必ず良い脚を使ってくれる馬なので、馬の脚を信じて、ラストは良い脚を使ってくれました」
―今日の追い切りは
「帰厩して日が浅いということもありますし、少し動きが重たいな、というのはあるんですけど、競馬に行くと毎回走ってくれる馬なので、頑張ってくれるんじゃないかと思います」
―京都コースに変わるのは
「特に問題はないと思います」
―55キロというハンデは牝馬としては少し重い数字では?
「そう思います」
―矢作厩舎の期待馬に騎乗しますが
「そうですね。続けて乗せていただいていますが、良い結果を出さなければいけないなと思います」
―意気込みを
「昨年暮れはサトノガーネットとGIIIを勝たせていただいたので、今年はGII、GIと、もっと大きな舞台で勝てるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:山本直)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース