【白梅賞】(京都9R)~ソウルトレインがゴール手前で差し切る

     

京都9Rの白梅賞(3歳1勝クラス・芝1600m)は2番人気ソウルトレイン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(良)。半馬身差の2着に8番人気スマートリアン、さらに2馬身差の3着に1番人気オーロラフラッシュが入った。

ソウルトレインは栗東・西村真幸厩舎の3歳牡馬で、父レッドスパーダ、母チラリ(母の父チチカステナンゴ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ソウルトレイン(川田将雅騎手)
「精神的に煮詰まっていたので競馬でどういう影響が出るのか心配でしたが、いい内容で走れましたし、リフレッシュして精神的にもいい状態で次を迎えられればと思います」

2着 スマートリアン(幸英明騎手)
「出脚が速かったのであの形になりましたが、惜しかったですね。前走は渋った馬場での勝利だったので今日のレースが試金石でした。良馬場でも結果が出ましたし、目処が立ちました」

3着 オーロラフラッシュ(福永祐一騎手)
「スタートは上手に出て、3番手でもリラックスして走れました。直線は前2頭に離される形になりましたが、前が止まりにくい馬場でもありましたからね」

4着 ロードエクスプレス(S.フォーリー騎手)
「スタート良く、よく走ってくれましたが、左によれるようなところがあってもったいないところがありました。今日はスローペ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧